2008年11月11日 « 派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ » 2008年11月14日

2008年11月13日

導入

Q: セットアップはどのように行うのでしょうか?

A : 原則として、サポート担当者がリモート作業でセットアップします。
PCやネットワークの環境について専門の知識を持っていますので、SQLserverなどのセットアップや環境設定なども行います。ご安心ください。

Q: 他のソフトがインストールしてあるパソコンにインストールできますか?

A : 基本的には問題ありません。スタンドアロン版以上の製品ではSQL Serverを使用している製品がインストールされている場合、少々注意すべき点がございます。
 *詳細はインストールマニュアルを参照してください。

Q: Basic版とスタンドアロン版の違いは何ですか?

A : 操作や画面は同様ですが、Basic版では給与計算ソフト連動などのオプションを付けることはできません。
また、Basic版には登録できる件数に制限があります。
(スタッフ登録数:300名、派遣先企業登録数:100件、派遣契約件数:300件)

インポート・エクスポート

Q: 既に保有しているデータをそのまま使えますか?

A : はい。例えばスタッフ情報や得意先情報をExcelで保存している場合、CSVに変換することで取り込むことが可能です。既に給与計算ソフトを導入している場合は、所定の形式に出力したデータをそのまま取り込めるよう標準設定しています。
また、入力された情報をエクスポートすることも可能です。
給与計算ソフトに連携したり、Excelに変換して独自の編集を加えたり幅広い用途に使うことができます。

動作環境

Q: パソコンのスペックはどのくらいが必要ですか?

動作環境001

A : Windows7以上のOSが動作しているパソコンであれば、ほぼ問題ありません。
詳しくは当HPの主要スペックの部分をご覧下さい。

http://www.haken-focus.jp/20spec/

Q: ネットワークに対応していますか?

A : はい。ネットワーク2クライアント版以上のバージョンではネットワークに対応しております。

Q: データーベースは何を使用しているのですか?

A : BASIC版では、マイクロソフトのACCESS、スタンドアロン版からネットワーク2クライアントまでは、マイクロソフトのSQL Server 2008R2 Express Edition、3クライアント以上では、SQL Server 2008R2 Standard Edition を使用します。

※注! SQL Server 2008R2 Standard Edition はこの製品には同梱されておりません。
     別途ご用意いただく必要がございます。

その他

Q: 請求残高がある得意先の場合は?

A : 得意先台帳の登録で、導入時繰越残高に金額を入力します。請求書出力時に繰越として記載されます。

Q: 有給休暇の管理はできますか?

A : はい。スタッフ台帳の画面から付与や繰越を行う事ができます。
請求書には当然反映されませんが、給与明細には1日分の標準給与が反映されます。

Q: 入力が面倒なのですが、なにか入力補助の機能はありますか?

A : はい。勤怠入力画面では、契約時に登録してある就業時間と曜日により、ボタン一つで、皆勤状態のデータが入ります。必要部分だけ修正&削除を行えば勤怠入力もラクラク終了です。契約登録では、案件からの複写機能や、他の契約からの複写機能も備えています。

Q: 締め日がバラバラのデータを一括管理できますか?

A : はい。契約毎に請求&給与支払締め日が指定できます。請求や給与の締めは、締め日毎に行う事が可能です。

Q: 一人のスタッフが一ヶ月に複数の得意先に就業しても、管理できますか?

A : はい。就業日が重ならなければ可能です。請求書は得意先毎に出力されますが、給与は月一回の一本にまとまる形になります。

Q: 日払いや週払いに対応していますか?

A : はい、対応しています。期間を指定して勤務時間と金額を一覧表で出力することが可能です。

Q: 締め処理のやり直しは簡単にできますか?

A : はい。スタッフ毎に請求、給与の締めを簡単にやり直す事ができます。

Q: タイムシートや契約書のレイアウトを変更する事はできますか?

A : はい。こちらのフォーマットはエクセルになっておりますので、変更可能です。

Q: スタッフは給与明細を見て、自分の勤務状態をチェックできますか?

A : はい。給与明細には勤怠表がついていますので、一目瞭然です。


2008年11月11日 « 派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ » 2008年11月14日