2016年11月11日 « 派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ » 2017年03月27日

2017年01月20日

派遣業ではないけど使っています。柔軟なカスタマイズ対応に感謝です。

株式会社アドバンス

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-53-3スクエア21-402
TEL : 03-6912-7241 FAX : 03-6912-7251
ホームページ : http://www.advanceclean.jp/

フォーカス人材派遣管理導入:2014年8月
導入製品:ネットワーク版2クライアント+カスタマイズ
導入事例 株式会社アドバンス様 画像1

1.便利でコストを抑えられる池袋で起業しました。

-事業の立ち上げから現在までのご紹介をお願いします。
<飯田社長>

以前建設会社に勤めていたんですが、2013年10月に池袋にこの会社を設立しました。池袋って、利便性の割に家賃相場が比較的低いんですよ。最近、現在地に移転しましたけど、その前も池袋でした。私もずっと社内にいる訳でもないし社員は外で働いていますから、現状広さも必要なく、コストは抑えることができています。

建築関連の仕事といっても、うちは建築現場の清掃やクリーニングを主に請けています。その他、壁紙のお直しや、天井の吹き付け工事などですが、今後は床の貼り替えも始めます。社員の人数はまだまだ数十名程度です。

2.限界が来る前に、システムを導入しておきたかったんです。

-フォーカス人材派遣管理を検討した経緯を教えてください。
<飯田社長>

必要な業務をほとんど全てExcelを使っていたんですが、何か便利なソフトがあるはずと思っていろいろ情報収集をしていたところ、フォーカス人材派遣管理に行き着いたんです。他にも検討したけど、どれも高額な上に当社に合うかどうかわからなかったんで諦めました。シェアウェアもやはり信頼性を考えると難しいですよね。まだ人数が多くないから事務処理が限界という訳ではなかったけど、早めに導入を検討しました。

3.請求業務に2~3日かかっていたのが、2~3時間で完了することもあります。

-フォーカス人材派遣管理を導入してみていかがですか?
<飯田社長>

いくつも良かった点はありますが、特に得意先に対しての請求に関しては、毎日の勤怠さえ打っておけばいいようになったので、随分負荷が軽減されました。導入前は、月末に締め処理と請求書の作成だけで、丸1日以上かかっていました。月によっては2、3日かかることもありましたが、今は早ければ2~3時間で済みますので、助かっています。

それに、当初必要だったカスタマイズをいくつかお願いしましたが、柔軟に対応してもらえて良かったと思います。予算の関係もあって、まだ完全な青写真通りということではないんですけど、今後の追加していく想定はしています。

4.当社の場合、日々の勤怠入力が必要ですが、それをしておけば非常に楽なんです。

-今、課題は何でしょうか?
<飯田社長>
導入事例 株式会社アドバンス様 画像2

システム面では勤怠管理と給与計算の部分ですね。

実は以前週払いを行っていましたが、10日毎の月3回払いに移行したんですよ。税理士さんに「ちょっと面倒だね」と言われたこともありまして。ただ、この仕事をしていると特に、支払いパターンに柔軟性を持たせておかないと採用に苦労することが多いので、難しいところです。当社では「前給」制度を利用して、従業員の要望に応えられるようにしたり工夫はしているんですが。

勤怠管理は毎日入力しています。基本的には、メールで社員から毎日勤務の報告がきます。短期で現場が変わることが多いので、一般的な派遣会社と違って、毎日勤務の報告が必要になるんです。電話だと証拠が残らないですが、メールで送ってくれれば証拠が残るし時間も正確にわかりますし。その勤怠をフォーカス人材派遣管理に日々入力をしたら、請求書に反映されるのは、ありがたい機能です。

5.魅力ある会社にして、人材確保に苦労しないようにしたいですね。

-人材の確保についてはいかがでしょうか?
<飯田社長>

年度末が一番忙しいんですが、ちょっと今年は人材の募集に失敗してしまいまして。当然売上もガタンと落ちました。毎年同じような募集方法をとっているんですけど、今年は異常なまでに集まりが悪かった。同じ業界のいろいろな他の会社さんに聞いても、やっぱり今年は厳しいって話はしてました。

理由ですか?端的にいってしまえば、仕事内容と労働環境です。特に若い人は嫌がってしまいますし、年配の方の場合は事故の心配が大きくなってしまいます。体を使う仕事なので、なるべく若い人を採用したいとは思っているんですけどね。自分も年配になってきましたのであまり言えませんけど(笑)

来期はちょっと対策を考えますけど、それだけではなく魅力ある会社にしないといけないと思っています。一番単純な方法は給料アップですが、なかなか劇的には難しい。技術を身につけるためのサポートはぜひしてあげたいと思いますが、正直明確には思い描けていませんので、若い社員の意見を聞いたりして形を作っていきます。

技術を付けてやるような仕事であれば面白そうかなと思う人もいると思うので、そういう、手に職アピールみたいなものを使えるといいかなと思います。

6.東京オリンピックが終わる前に、次の展開を考えています。

-今後の事業展開をどのようにお考えでしょうか?
<飯田社長>

これから東京オリンピックに向けて建築業界は忙しいので、お仕事は継続していただけると思うんですが、その後は新築物件がガタッと減ると予想しているので、今のうちに他のことを考えておかないといけません。例えば建物をリノベーションするお仕事が増えつつありますが、今後もっと増えるでしょう。

7.今後もいろんな提案を期待しています。

-今後、フォーカス人材派遣管理に期待するものは何ですか?
<飯田社長>

先ほども言いましたが、今後もいろんな機能をカスタマイズしていただきたいと考えています。

例えば、請求業務では今は一人当たりの金額で請求していますが、例えばフローリングの床の貼り換えについて言えば、基本的に1平米単位での請求になりますので、現状の計算の仕方では難しくなります。そこから1工事当たりの利益管理を含め、一連のシステムで処理できるとうれしいですね。ディー・マネージさんはソフト開発だけでなく様々なソフトウェアのこともご存知とのことで、機能追加や他ソフトとの連携提案など、期待しています。

給与計算については今は別のソフトを使っていたり、年末調整などを税理士に依頼していたりで、まだフォーカス人材派遣管理で処理をしていませんが、最も効率的な運用を検討していきたいと思います。CSVデータで弥生給与などと連携できるとの話ですので、勤怠集計と給与計算をフォーカス人材派遣管理で行い、源泉徴収票の印刷などを弥生給与で行うのであれば、それでも充分です。

8.最後に

導入事例 株式会社アドバンス様 画像3

取材をしている間にも、飯田社長の携帯に数回、仕事の電話が入りました。営業活動から社員のフォロー、請求・給与計算などの事務全般まで全ての業務をご自身で処理されているにも関わらず、「いや~大変です」と笑ってお話される飯田社長に、溢れるバイタリティを感じました。

今回のフォーカス人材派遣管理の導入のように、必要なところには投資をし、業務効率化を実現していく姿勢をお持ちですので、今後の事業展開が非常に楽しみです。

お忙しい中、ご協力ありがとうございました。
(取材日:2016年4月13日)



2016年11月11日 « 派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ » 2017年03月27日