派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ ->  特徴点  -> 業種・業態・運用方法によって選択できる勤怠入力システム

業種・業態・運用方法によって選択できる勤怠入力システム

勤怠入力画面派遣先企業の業種や業態によって、人材派遣会社も対応が異なります。
例えばブルーカラー系とホワイトカラー系では、仕事内容はもとより、勤務形態や給与・請求についても相違が存在します。
特に製造業や倉庫業の企業に派遣している場合は、日払いや週払いに対応する必要に迫られていることも多く、作業が煩雑になる傾向が強くなります。
「フォーカス人材派遣管理」では、様々な業種・業態に対応するために、複数の勤怠データの入力方法を用意しています。
運用方法によって合った入力方法を活用することで、劇的な業務効率化が図れます。

【勤怠入力方法】
  ・日毎入力:スタッフ(契約)毎に1か月分入力
  ・現場毎入力:就業先(現場)毎に複数スタッフを1日分入力(※)
  ・月合計入力:タイムシート上で集計された1月分の合計値を入力
  ・複数勤務入力:ひとつの就業先(現場)で単価が異なる業務を複数行う場合、それぞれの時間を入力(※)
  ・勤怠データインポート:電子化された勤怠データをCSV連携(※)
   (※はオプション機能です)


派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ ->  特徴点  -> 業種・業態・運用方法によって選択できる勤怠入力システム