派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ ->  アップデート情報

2020.03.15 愛知県労働局公表の契約関連書類を搭載し、一括出力が可能になりました。

【アップデート内容】
愛知県労働局が公表している改正派遣法2020に対応した下記の契約書について、 オリジナルのフォーマットを搭載しました。 このフォーマットは、全ての種類を1ファイル(複数シート)にて出力できますので、面倒な作業が軽減されます。
・労働者派遣個別契約書
・派遣先通知書
・就業条件明示書
・派遣元管理台帳
・派遣先管理台帳
・抵触日通知書

2020.02.28 派遣法改正2020(同一労働同一賃金)に対応しました。

【アップデート内容】
ソフトウェアを起動した際に「最新バージョンがあります。更新しますか?」というメッセージを表示し、「はい」を選択すると、自動的に最新バージョンのダウンロードとソフトウェアの更新ができるようになりました。

2020.02.10 スタッフプロフィール(スキルシート)の出力設定機能が強化されました。

【アップデート内容】
スタッフプロフィール(スキルシート/紹介状)を出力する際に、個人情報の出力機能を 強化しました。
氏名・カナ・生年月日・年齢・郵便番号・住所・電話番号・携帯番号 などが対象です。

2020.01.29 スタッフ毎に入退社の履歴を管理できるようになりました。

【アップデート内容】
これまでスタッフ登録画面において、過去の契約履歴は表示できましたが、得意先ごとに入退社の履歴を表記できるようになりました。
得意先名・部署名・契約開始日・契約終了日 の順に表記されます。

2020.01.17 請求書及び給与明細に備考を事由に入力・表記できるようになりました。

【アップデート内容】
勤怠入力(日毎・月合計・複数勤務)画面に、「請求備考」「給与備考」欄を追加しました。
「請求備考」を入力することで請求書に、「給与備考」を入力することで給与明細に、自由に文章を記載することができます。

2019.12.26 請求書の出力方法がより詳細に行えるようになりました。

【アップデート内容】
請求書が「契約毎」「組織単位毎」に発行できるようになりました。
得意先に対して、より請求内容が詳細に表記できます。

2019.12.09 請求書フォーマットを得意先ごとに切り替えられるようになりました。

【アップデート内容】
「フォーカス人材派遣管理」では複数の請求書フォーマットを標準搭載していますが、得意先ごとに設定することが可能になりました。例えば、1名のみ派遣している請求先と50名以上派遣している請求先で、フォーマットを切り替えて最適な請求書をスムーズに発行できます。

2019.11.30 日毎勤怠計算の機能を強化しました。(その2)日毎手当入力が可能になりました。

【アップデート内容】
日毎勤怠入力画面で、1日単位で手当(または控除)を追加することが可能になりました。
※日額交通費とは別です。

2019.11.16 日毎勤怠計算の機能を強化しました。(その1)

【アップデート内容】
日毎勤怠入力画面にて、それぞれの勤務時間を入力した後、給与と請求のそれぞれの計算画面を追加しました。これにより、派遣先へのイレギュラーな勤務時間計算方法など対応できるようになりました。
(例1)
スタッフの勤務時間が深夜にかかっている場合、
給与は深夜割増を支給するが、派遣先には深夜割増分を請求しない
(例2)
土曜日に勤務をした場合、
給与は所定休日割増で計算するが、派遣先には平日勤務として請求する

2019.10.20 有休の計算方法を強化しました。(その3)

【アップデート内容】
有給休暇の単価の設定を、法律に基づく3つの計算方法から選択可能としました。
1)通常勤務と同等の計算
  契約登録画面で設定した時間内単価が有給単価となります。
2)労働基準法の平均賃金(過去3か月)で計算
  ①過去 3 か月の給与合計額/過去 3 か月の総日数(含休日)
  ②過去 3 か月の給与合計額/過去 3 か月の労働日数*0.6
  ①か②のどちらか高いほうが有給休暇単価とします。
3)健保法の標準報酬日額で計算
  スタッフ登録画面で設定した標準報酬月額/30(固定値。月による変動なし)を有給休暇単価とします。

2019.10.08 有休の計算方法を強化しました。(その2)

【アップデート内容】
有給休暇において0.5日休暇を取得する際、これまでは単純に「1日の半分」としての計算設定のみでしたが、午前半休と午後半休のそれぞれに設定された加算時間に時給を欠けた金額を0.5日休暇として計算できるようになりました。

2019.09.23 有休の計算方法を強化しました。(その1)

【アップデート内容】
有給休暇の計算をする際に、契約情報において勤務時間が深夜帯に入る場合(夜勤など)、深夜割増分を計算できるようになりました。

2019.09.10 スタッフに業務委託のステイタス設定ができるようにしました。

【アップデート内容】
派遣事業の他に、業務委託契約にてスタッフと契約を結ぶ場合、報酬計算において 雇用保険を計算しないように設定できる機能が追加されました。

2019.08.20 時間外(割増対象)の時間を、通常残業と法定外(所定)休日出勤に分けることができるようになりました。

【アップデート内容】
下記帳票において、平日残業(通常残業)と法定外(所定)休日勤務をそれぞれ分けて計算・出力できるようになりました。
・賃金台帳
・勤務集計一覧表
・給与一覧表
・給与明細
・請求書
・勤怠明細
・契約一覧表

2019.07.17 日払い用の給与明細が出力可能になりました。

【アップデート内容】
日払いまたは指定した期間の給与について、支払明細書(給与明細)を出力できるように なりました。日払い対象となる派遣スタッフさんが明細を求めてきた場合に対応が可能です。

2019.06.24 仮払い機能を強化しました。

【アップデート内容】
各契約に仮払い対象期間及び支払い割合を指定して、仮払いデータを登録することが 可能になりました。

2019.06.11 打刻データインポート機能に月合計時間が可能になりました。

【アップデート内容】
これまで打刻データのインポート機能は、日々の打刻(出退勤)と休憩時間が可能でしたが、1か月分の合計時間(時間内、時間外、休日、深夜など)をインポートできるようになりました。
例えば、タイムシート上で勤務時間が集計されているような場合は、そのデータを取り込むことで、画面からの入力時間の省力化を実現します。

2019.05.24 勤怠入力画面を大幅に改修し機能を向上しました。

【アップデート内容】
勤怠入力後に、勤怠明細を表示させる場合、「給与」及び「請求」のそれぞれに、平日勤務、休み、有休、欠勤、特休の日数を表示するように変更しました。
これにより、勤怠入力時のチェック作業効率が大幅にアップします。

2019.05.10 スタッフ管理項目がさらに充実しました。

【アップデート内容】
これまで、制服や靴のサイズや身長体重の管理が可能でしたが、さらに特別な資格の有無、扶養家族などの管理が可能になりました。
また、過去の就業実績についても管理できる項目が増えました。
上記追加項目はスキルシート(スタッフプロフィール)に出力できます。

2019.04.20 外国人スタッフ管理機能がさらに充実しました。

【アップデート内容】
これまで外国人スタッフ特有の、アルファベットのフルネーム(文字数制限なし)や在留資格の期限管理などの機能はありましたが、この度、さらに下記項目について機能が追加されました。
・ビザの種類、番号、有効期限 及び期限一覧出力
・学生証の有効期限 及び期限一覧出力
・日本語能力(読み・書き・話す など)

2019.04.02 給与関連帳票の有休表示を選択できるようになりました。

【アップデート内容】
給与一覧表や賃金台帳、勤務集計一覧表、給与明細などの給与関連各帳票において、有休取得時における給与を「時間内」に加算するか、別途表示するかと選択できるようになりました。

2019.03.28 仮払い一覧表の機能が強化されました。

【アップデート内容】
仮払い一覧表のフォーマットが追加され、選択できるようになりました。
(追加されたフォーマット)
標準搭載の給与一覧表と同じ項目で、仮払い金額の出力が可能になりました。

2019.03.22 勤怠打刻インポート機能にクロノスが加わりました。

【アップデート内容】
これまで対応していたアマノ社「サッと勤怠」やキャップクラウド社「Focus U タイムレコーダー」に加え、クロノス社「クロノス」が勤怠打刻インポート機能(オプション)追加されました。

2019.3.10 所得税の月額表の計算上限を撤廃しました。

【アップデート内容】
専門的なスキルや経験を生かした派遣事業を行う会社が増加してきたことから、月額の報酬も100万円を超える場合も出てきたため、標準報酬月額860,000円を超える場合の所得税の計算を追加しました。
これにより、派遣会社の社長様や役員の方の報酬計算にも使用が可能となります。
(※契約情報の登録が必要)

2019.03.01 週40時間計算の設定を改修して運用が便利になりました。

【アップデート内容】
基本設定・スタッフ情報・契約情報の各画面で確認できる「週40時間計算設定」について スタッフ登録画面の設定を優先して他の画面は修正できないように改修しました。
操作・運用がスムーズにできるようにいたしました。

2019.02.14 PCA給与連携機能が充実しました。

【アップデート内容】
PCA給与との連携機能において、仮払い金額と控除(手当・控除項目)について+(プラス)または-(マイナス)のいずれかで出力するかを選択できるようになりました。「フォーカス人材派遣管理」導入前と相違なくPCA給与を運用できます。

2019.02.01 請求書に支払い期日の表記ができる機能を追加しました。

【アップデート内容】
各請求書に支払期日を表記するように改修しました。
例えば、支払日を99(月末)に設定しておけば、「お支払日:〇月末日」という表記が追加されています。得意先にも丁寧な対応となります。

2019.01.23 仮払の銀行振込データの出力が可能になりました。

【アップデート内容】
仮払い機能の中で、仮払いの種類(日払い・週払い・月2回・任意)及び対象期間を指定して、計算した仮払い金額の銀行振込データを出力できるようになりました。

2019.01.10 兵庫労働局対応版の各契約書を出力できるようになりました。

【アップデート内容】
ユーザー様の情報提供により、兵庫県労働局から承認された契約書フォーマットを 出力できるようになりました。対象となる契約書は下記となります。
・労働者派遣個別契約書
・労働者派遣個別契約書(紹介予定)
・雇用契約書
・雇用契約書(紹介予定)
※他の都道府県においても、使用することは可能です。

2018.12.7 請求書が契約単位や部署単位で発行できるようになりました。

【アップデート内容】
これまで請求書は請求先単位にまとめて発行できましたが、それぞれの契約や部署ごとに 請求書を分けて出力できるようになりました。
これにより、請求先からの要求に対応できる幅が広がりました。

2018.11.01 派遣先事業所(組織単位)毎にカレンダーを設定できるようになりました。

【アップデート内容】
特に製造業や倉庫業への派遣の場合、就業先ごとに休日が決められていることが多くあります。(お盆、年末年始など)
就業先ごとにカレンダーを設定することにより、勤怠入力時に休日/平日を気にせずに、タイムシートから入力するだけで正確に勤怠集計することが可能です。

2018.10.15 教育訓練・キャリアアップコンサルティング・苦情処理に関する機能を追加しました。

【アップデート内容】
派遣法改正以来、各都道府県の労働局が指導項目として重点をおいている、スタッフに対する教育訓練やキャリアアップコンサルティングの実施履歴を細かく登録・管理することができるようになりました。実施日、内容、時間数などを入力することで、派遣元管理台帳にも反映され、事業報告書にも集計結果が出力されます。
また、苦情処理に関しても同様に、対応履歴が派遣元管理台帳に反映されます。

2018.09.10 勤怠データのインポート機能を強化しました。

【アップデート内容】
派遣先で使用している勤怠打刻システムにおける派遣スタッフのIDは、必ずしも派遣会社で管理しているスタッフ番号(ID)と一致するとは限りません。
今回、勤怠打刻システム用のIDを新たに項目追加し、打刻データのインポートをよりスムーズに行うことができるようになりました。

2018.08.20 各種一覧表出力時のソート機能をより充実させました。

【アップデート内容】
契約一覧表、稼働一覧表、給与一覧表、さらには給与明細を出力する際に、企業名やスタッフ名などソートした結果で出力することが可能になりました。
これにより、Excel出力後にユーザー様側で編集する必要がなくなり、見やすい帳票が作成されます。

2018.08.05 利益管理帳票の出力方法を追加しました。

【アップデート内容】
これまで、利益管理帳票は、請求と給与のそれぞれの〆日を基準に金額を計算していましたが、それに加え、同じ期間を指定して金額を計算する方法も追加しました。
健康保険などの金額が実際と多少ずれる場合もありますが、経営指標として十分に使用することが可能です。

2018.07.15 稼働率集計表を出力できるようになりました。

【アップデート内容】
登録したスタッフのうち、就業した割合を算出し、集計表として出力できる機能を追加しました。
指定期間に登録した人数に対し、ある日の時点で就業している人数の割合を計算します。
また、応募媒体ごとにもソートできますので、募集コストの分析資料としても使用できます。

2018.04.15 複数の会社データベースを切り替えて使用できるようになりました。

【アップデート内容】
会社データベースを切り替えることができるようになりました。
例えば、複数のグループ会社でひとつの「フォーカス人材派遣管理」を使用することが可能です。
(ただし、現状ではそれぞれのデータベースは連携しませんので、スタッフ情報などを共有することはできません)

2018.04.10 全銀協フォーマットに対応しました。

【アップデート内容】
派遣スタッフの給与を振り込む際に、全銀協のフォーマットで出力されるようになりました。

2018.03.15 勤怠入力機能に、複数ライン入力オプションが追加されました。

【アップデート内容】
勤怠入力に新しい機能「複数ライン入力」が追加されました。
これは、契約はひとつで締結していても、1日のうちで単価が異なる仕事を行う場合に使用できる機能です。
例えば、午前中は単価1,500円の仕事、午後は1,600円の仕事を行う場合にこの機能が有効です。
それぞれの仕事で勤怠を入力すると、給与及び請求の金額が自動的に集計されます。
リゾート派遣業、製造業派遣など、幅広く運用できます。

2018.02.20 得意先との連絡履歴(連絡日報)の機能を追加しました。

【アップデート内容】
得意先(派遣先)との商談履歴、契約に関するやりとりを日報として管理する機能を追加しました。
スタッフ連絡日報機能と同様、「次回予定」も入力することができますので、商談の進捗をスムーズに管理することができます。

2018.01.20 スタッフとの連絡履歴(連絡日報)の機能を強化しました。

【アップデート内容】
スタッフとのコミュニケーションの履歴はこれまでも管理できましたが、項目に「次回予定」を追加しました。また日報検索機能も追加し、期間指定すれば「次回予定」に登録された日付で該当の日報を抽出することが可能です。
これにより、現在不足しているスタッフとの距離をより近くし、囲い込みにお役立ていただけます。

2017.12.10 案件(オーダー)の登録項目が追加されました。

【アップデート内容】
案件登録時、「報酬計算方法」に残業単価や交通費が登録できるようになりました。
また、あわせてメモ欄を拡大しましたので、多くのキーワードを登録し、自由検索できるようになりました。

2017.11.20 「外国人スタッフ管理オプション」を新たにリリースしました。

【アップデート内容】
外国人スタッフ特有の情報を、管理する項目を追加・効率的に抽出することができるオプション機能をリリースしました。
日本で働く外国人スタッフは増加の一途をたどっていますので、派遣会社にも確実かつ効率的な管理が求められています。例えば就労ビザの期限のチェックを怠ると、違法な就労状態になってしまう恐れがあります。
「外国人スタッフ管理オプション」では、ビザやパスポートなどの情報を管理することが可能になり、より効率的な事業運営をサポートします。
入国管理局に提出する「在職証明書」も発行することができます。
>>詳細はこちら

2017.10.01 契約書の備考欄に自由に入力できるようになりました。

【アップデート内容】
契約登録画面に備考入力欄を追加しました。
入力した内容は、「労働者派遣個別契約書」「雇用契約書兼就業条件明示書」の備考欄に反映されます。
契約ごとに自由に入力できますので、派遣先毎に記載すべき内容がある場合に便利です。

2017.9.20 ショートメール用リストを出力できるようになりました。

【アップデート内容】
マッチング(引き当て)を行った後、抽出されたスタッフ一覧をSMS(ショートメール)用にCSV出力できるようになりました。任意のSMSサービスでインポートし、配信することでスタッフとのコミュニケーションが密に行えます。

2017.9.20 ショートメール用リストを出力できるようになりました。

【アップデート内容】
マッチング(引き当て)を行った後、抽出されたスタッフ一覧をSMS(ショートメール)用にCSV出力できるようになりました。任意のSMSサービスでインポートし、配信することでスタッフとのコミュニケーションが密に行えます。

2017.09.01 有給休暇が0.5日単位での計算が可能になりました。

【アップデート内容】
有給休暇の取得を0.5日単位で管理できるようになりました。
勤怠入力時にも「午前半休」「午後半休」の入力が可能になりました。

2017.09.01 連携ソフトに給与大将を追加しました。

【アップデート内容】
会計事務所から勧められることが多い給与大将(株式会社ミロク情報サービス)と連携できるようになりました。
フォーカス人材派遣管理から給与(集計)データとスタッフデータをCSV出力し、給与大将に取り込むことができます。

2017.08.01 出力帳票に稼動一覧表を追加しました。

【アップデート内容】
得意先ごとの派遣人数を一覧表に出力できるようにしました。

2017.07.15 変形労働時間制(週40時間)に対応しました。

【アップデート内容】
変形労働制に対応しました。通常の時間計算方法と選択ができるようになり、割増の計算をスムーズに行うことが可能になりました。

2017.07.01 請求と給与で異なる支給形態(時給・日給・月給)に対応しました。

【アップデート内容】
派遣先への請求の計算方法とスタッフへの給与の計算方法をそれぞれ設定できるようになりました。
(例:請求は時給、給与は月給、など)

2017.06.01 マイナンバー関連書類及び扶養控除等申告書の回収ステイタスを管理できるようになりました。

【アップデート内容】
スタッフ登録画面にて、マイナンバーに関する書類と扶養控除等申告書の回収(提出)に関するステイタス項目を追加しました。

2017.05.15 給与支払方法を設定する機能を搭載しました。

【アップデート内容】
スタッフへの給与支払方法を個別に設定できるようになりました。
現金/指定銀行/その他(任意)銀行の3種類から選択できます。

2017.05.01 給与の仮払い(前払い)管理ができるようになりました。

【アップデート内容】
スタッフの給与計算において、仮払い(前払い)の管理が可能になりました。
仮払い金額の算出方法については、「月2回」の他、任意期間を設定することができますので、週払いや日払いの金額計算にも対応しています。

2017.04.01 派遣元責任者及び派遣元苦情処理担当者を複数登録できるようになりました。

【アップデート内容】
派遣元責任者及び派遣元苦情処理担当者について、複数名の登録が可能になりました。
これにより、契約情報登録時に選択できるようになります。それぞれ登録可能数に制限はありません。

2017.03.01 連携ソフトにFX2を追加しました。

【アップデート内容】
会計事務所から勧められることが多いFX2(株式会社TKC)と連携できるようになりました。
フォーカス人材派遣管理から仕訳データをCSV出力し、FX2に取り込むことができます。

2017.02.20 単価を小数点2桁まで計算できるようになりました。

【アップデート内容】
契約情報登録時、請求単価及び支払(給与)単価を小数点2桁まで計算する機能を追加いたしました。  (例:請求単価 時間内:1250円の場合、残業時単価(時間外):1562.5円で計算)

2017.01.10 時間計算方法に10進法を追加いたしました。

【アップデート内容】
勤怠集計において、請求と給与のそれぞれに対して10進法で計算できるようになりました。

2017.01.10 Focus U タイムレコーダーと連携し、勤怠集計業務の効率化を実現しました。

【アップデート内容】
様々な打刻方法を選択でき、リアルタイムで把握できるWebタイムレコーダー「Focus U タイムレコーダー」(キャップクラウド株式会社)と連携できるようになりました。
スタッフが勤務先のタブレットやPC、スマホなどで打刻したデータを管理画面からダウンロードし、フォーカス人材派遣管理に取り込むことで面倒な勤怠データの入力の手間を省くことができます。
ミスをすることなく大幅な業務効率化につながります。
>>運用イメージ

2016.11.11 週払い・日払いの機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
週払い・日払いの対象者について、指定した期間の勤務時間、給与金額などを一覧表で出力できるようになりました。

2016.08.01 連携ソフトにPCA給与を追加しました。

【アップデート内容】
PCA給与(ピー・シー・エー株式会社)と連携できるようになりました。
フォーカス人材派遣管理から給与(集計)データとスタッフデータをCSV出力し、PCA給与に 取り込むことができます。

2016.07.01 シフト管理機能を新たに搭載いたしました。

【アップデート内容】
契約毎に、複数のシフト・休憩時間を登録することができるようになりました。
勤怠時間を入力することで、複雑に設定された休憩時間も自動的に計算します。
労働者派遣個別契約書、雇用条件明示書などにもシフトを記載可能です。

2016.05.25 他社ソフトウェアとの連携機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
OBC(オービックビジネスコンサルタント)社の「給与奉行」及び「勘定奉行」に標準連携機能を搭載しました。

2016.04.01 手当や控除に関する機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
スタッフや派遣先、契約毎に異なる手当・控除を最大10項目登録が可能になりました。
また、これに対応した請求書や給与明細のフォーマットも新しくリニューアルしました。

2016.04.01 契約管理機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
契約一覧表出力時の抽出条件として、「契約日」「派遣開始日」「派遣終了日」「(個人)抵触日」「(事業所)抵触日」を選択できる機能を追加しました。

2016.02.01 連携ソフトに給与奉行を追加しました。

【アップデート内容】
給与奉行(オービックビジネスコンサルタント株式会社)と連携できるようになりました。
フォーカス人材派遣管理から給与(集計)データとスタッフデータをCSV出力し、給与奉行に 取り込むことができます。

2016.01.10 スタッフ入力用クライアントを新発売いたしました。

【アップデート内容】
スタッフが来社登録時に、自ら情報を登録できる機能を搭載した。
「スタッフ入力用クライアント」を新しく発売いたしました。
ミス発生の低減につながり、即時マッチングを行うことが可能になりました。

2015.12.01 フォーカス給与明細クラウドと連携し、給与明細の電子化を実現しました。

【アップデート内容】
給与明細のクラウド化を実現した「フォーカス給与明細クラウド」と連携できるようになりました。
フォーカス人材派遣管理から給与データをCSV出力し、フォーカス給与明細クラウドの管理画面でアップロードするだけの簡単な操作で、給与明細のペーパーレス化を実現できます。
>>運用イメージ

2015.10.21 労働者派遣法改正に対応いたしました。

【アップデート内容】
2015年9月30日から施行された新しい労働者派遣法に対応しました。
~主な対応内容~
・事業所単位、及び個人単位の期間制限(抵触日)及び例外の処理
・契約関連書類の表記内容修正(契約期間、組織単位住所の明記など)
・労働者派遣事業報告書(年度報告)新フォーマット         他

2015.06.01 給与明細に関する機能を追加いたしました。

【アップデート内容】
給与明細出力時に、有休残日数を表示選択できる機能を追加いたしました。

2015.04.01 請求書フォーマットを追加し、選択可能としました。

【アップデート内容】
新しい請求書フォーマットを追加し、請求書印刷時に選択できるようにいたしました。
また、0円となる項目(例:「休日出勤」)を非表示とする機能も追加しました。

2014.06.01 勤怠入力機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
月合計時間を入力できるようになりました。
タイムシート上などで既に集計されている時間を入力するだけで給与計算や請求書発行を行うことが可能になります。

2012.10.15 労働者派遣法改正に対応いたしました。

【アップデート内容】
2012年10月1日から施行された新しい労働者派遣法に対応しました。
~主な対応内容~
・マージン率の表示、及び労働派遣者への派遣料金明示(雇用条件明示書)
・契約関連書類の表記内容修正(契約解除の場合の講ずべき措置など)   他

2011.03.01 契約登録に新しい機能を追加しました。

【アップデート内容】
ひとつの契約情報に複数名のスタッフを同時登録できる機能を搭載しました。

2009.10.22  スタッフ情報管理機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
「スタッフ登録」の画面に、スタッフと営業担当者とのやりとりを記録・参照できる「連絡日報」機能を追加しました。
「スタッフ登録」の画面に、スタッフの現在までの職歴を記録・参照できる「略歴」タブを追加しました。

2009.04.20 スタッフ情報管理機能を強化いたしました。

【アップデート内容】
「スタッフ登録」の画面に、スタッフの顔写真が表示されるようになりました。
「スタッフ登録」の画面に、必要なファイルを関連付けできるようになりました。

今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!

お問い合わせ

派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ ->  アップデート情報