2008年11月21日 « 派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ » 2008年12月24日

2008年11月22日

業界トップクラスの低価格を実現、圧倒的なコストパフォーマンス

業界トップクラスの低価格を実現、圧倒的なコストパフォーマンスこれから事業をスタートする企業やまだ稼働人数が少ない人材派遣会社は、50~100万円のシステムを導入するには非常にリスクが高くなります。
「フォーカス人材派遣管理」はBisic版の本体価格が15万円という業界では他に類を見ない商品構成を整えています。
Basic版でも人材派遣事業に必要な機能を標準で搭載し、事業報告書も出力が可能です。
もちろん、全国に支店があるような大規模の人材派遣会社にも非常に安価に導入いただける価格帯で、圧倒的なコストパフォーマンスを発揮します。

操作性と見やすさを追求したユーザーインターフェース

メニュー画面2014年にリニューアルしたメニュー画面を含め、スタッフ登録・契約登録などの各画面でも見やすさと使いやすさにこだわったユーザーインターフェースです。
例えば、メニュー画面では、アイコンの流れに沿って作業を進めていくだけで1か月の処理が完了します。
またスタッフ登録画面では、項目ジャンルごとにまとめているなど、非常に見やすい工夫をしています。
1画面に項目を詰め込むような視覚的なストレスを抱えるようなことはありません。

さらに各画面ではファンクションキーを有効に活用できるように設定しており、キーボードとマウスの行き来をできるだけ少なくするよう設計されています。

高度で柔軟な、スタッフ及び案件の双方向マッチング

マッチング画面人材派遣会社にとって財産である派遣スタッフの希望と、派遣先である企業からのオーダー(案件)をマッチングさせるのは、非常に重要で売上に直結する作業です。
ただし、デリケートな部分もあり、安易に行うとクレームの元になる恐れもあり、慎重なマッチングが求められています。
一方で売り手市場である現状は、スタッフも複数の派遣会社に登録をしていることも多いので、登録があったら即時マッチングをして仕事を紹介することが必須となります。
「フォーカス人材派遣管理」では、スタッフと得意先の細かい要望に対しても高度に且つ柔軟にマッチングを行います。
独自の内容についてはフリーキーワード検索を使用することで解決します。
なお、派遣先企業のオーダーに対してスタッフを引き当てる機能に加え、逆方向であるスタッフの希望にあった仕事情報をマッチングさせることもできるようになりました。

改正派遣法など各法律に準拠した機能及びユーザーでも編集可能な帳票類

契約登録画面定期的に行われる各都道府県の労働局の調査では、真っ先に契約書などの書類がターゲットになります。
改正派遣法にしっかりと準拠したフォーマットであることが必要ですが「フォーカス人材派遣管理」を使用することで、追加が必要になった時にはバージョンアップにて対応が完了します。
また、標準搭載フォーマットはユーザー側でも編集可能ですので、オリジナルの文言を追加したり、枠を変更したりできます。
システムを導入していない場合に集計・計算作業が大変な事業報告書も、日ごろのデータ入力をしておくことで、簡単に作成します。

【出力帳票(抜粋)】
  ・労働者派遣基本契約書
  ・労働者派遣(個別)契約書
  ・労働者派遣通知書
  ・雇用契約書兼就業条件明示書
  ・派遣元管理台帳
  ・派遣先管理台帳
  ・抵触日通知書
  ・労働者派遣事業報告書(様式第11号)
  ・利益管理一覧表(得意先毎、担当者毎、など)

業種・業態・運用方法によって選択できる勤怠入力システム

勤怠入力画面派遣先企業の業種や業態によって、人材派遣会社も対応が異なります。
例えばブルーカラー系とホワイトカラー系では、仕事内容はもとより、勤務形態や給与・請求についても相違が存在します。
特に製造業や倉庫業の企業に派遣している場合は、日払いや週払いに対応する必要に迫られていることも多く、作業が煩雑になる傾向が強くなります。
「フォーカス人材派遣管理」では、様々な業種・業態に対応するために、複数の勤怠データの入力方法を用意しています。
運用方法によって合った入力方法を活用することで、劇的な業務効率化が図れます。

【勤怠入力方法】
  ・日毎入力:スタッフ(契約)毎に1か月分入力
  ・現場毎入力:就業先(現場)毎に複数スタッフを1日分入力(※)
  ・月合計入力:タイムシート上で集計された1月分の合計値を入力
  ・複数勤務入力:ひとつの就業先(現場)で単価が異なる業務を複数行う場合、それぞれの時間を入力(※)
  ・勤怠データインポート:電子化された勤怠データをCSV連携(※)
   (※はオプション機能です)

権限設定による万全の自社内セキュリティ対策

riyousya.jpg複数(上限無し)のユーザーアカウント(使用者)を作成し、それぞれに細かく権限設定を行うことができます。
例えば、スタッフ登録のみ行うコーディネーター、契約登録を行う営業担当、請求業務を担う営業事務、給与計算を担当する総務経理部門、など、それぞれ担当外の情報の閲覧・作業を制限することで、社内における情報統制及びセキュリティ対策になります。

様々なシステム・サービスと幅広くデータ連携

タイムレコーダーから打刻データをインポート
現在使用しているシステムをそっくり入れ替えることは相当の労力が必要です。
また、効率化のためには人材派遣管理ソフトだけではなく他のシステムを併用することも選択肢のひとつです。
「フォーカス人材派遣管理」の大きな特長のひとつ、データ連携は非常に幅広いシステムやサービスに対応しています。


主要業務ソフトウェア(会計ソフト・給与計算ソフト)と連携<連携システム・サービス>
【勤怠管理】
  ・Focus U タイムレコーダー(キャップクラウド株式会社)
  ・サッと勤怠&TimeP@ck(アマノ株式会社)

【給与計算】
  ・弥生給与(弥生株式会社)
  ・給与大臣(応研株式会社)
  ・給与奉行(株式会社オービックビジネスコンサルタント)
  ・PCA給与(ピー・シー・エー株式会社)
  ・給与大将(株式会社ミロク情報サービス)
  ・給料王(ソリマチ株式会社)

【Web給与明細】
  ・フォーカス給与明細クラウド(株式会社ディー・マネージ)

【会計・財務】
  ・弥生会計(弥生株式会社)
  ・大蔵大臣(応研株式会社)
  ・勘定奉行(株式会社オービックビジネスコンサルタント)
  ・FX2(株式会社TKC)

連携ソフトウェア 「連携ソフトウェア」の詳細はこちら

バリエーション豊富なオプションとユーザーニーズに対応するカスタマイズ

オプション&カスタマイズによる拡張性「フォーカス人材派遣管理」は、標準機能でも派遣事業に必要なほとんどの機能を搭載しています(事業報告書も標準搭載)。
一方で各人材派遣会社で運用方法が異なることも多いため、オプション機能を設定しています。
例えば、これから急激に増加する外国人スタッフに特化した項目を管理できる「外国人スタッフ管理オプション」は多くの導入企業に活用いただいています。
また、よりオリジナル性の高い機能や帳票類を希望される場合にも、カスタマイズで対応します。

<オプション機能の代表例>
  ・会計給与計算ソフト連動オプション
  ・外国人スタッフ管理オプション
  ・タイムレコーダー連動オプション
  ・現場毎勤怠入力オプション
  ・オリジナル請求書オプション

<カスタマイズ>
項目の追加から、画面の編集、集計表などの帳票作成まで、どのような要望にもお応えします。


2008年11月21日 « 派遣システム・人材派遣ソフトならフォーカストップへ » 2008年12月24日